身の丈に合った暮らし〜アラサー元散財女王、結婚後の意識変化〜

f:id:setsuoto:20200627150712j:plain

 大好きな服

f:id:setsuoto:20200521191701j:plain

9KUです。

上の写真は散財全盛期に買ったHYKE×adidasのシューズたち。

 

私の大好きなアパレルブランド、HYKEが数年ぶりにadidasとコラボレーションをします。

コロナの影響があり、今回の発売は発売はadidas ONLINE SHOPISETAN ONLINE STOREとなります。発売日は5月27日となっています。

数年前のわたしは散財女王

f:id:setsuoto:20200521191631j:plain

数年前までは上記のようなコラボがあるとPCの前に待機し発売と同時に購入したり、店頭に並んだりと、お気に入りのブランドには全力投球でした。

しかし『本当に欲しいもの』ではなく『コラボレーションですぐになくなってしまうから欲しい』という考え。この頃は買ったことで満足をしていました。

友人とは「今月のクレジットの引き落とし○○万円だわ〜、まぁボーナスあるからいいか!」など、今考えれば恐ろしい会話をしていたことも。

何度も買うのを止めようと思っていたのですが、当時は買い物依存症だったのかもしれません。そう簡単に止めることはできませんでした。

 

なぜ散財をしてまで服を買っていたのか

f:id:setsuoto:20200521191626j:plain

当時Instagramでファッションアカウントを作っていました。

インスタ映えを狙い、ドメスティックブランドやデザイナーズブランドの服をあげては、ファッション好きのフォローワーさんと盛り上がっていました。

また、メディアにも何度か取り上げていただいたりと、そのころの私は完全に『お調子者』となっていたのです。

そしてもう一つ。現実世界では仕事に追われ、当時は彼氏もいなかったためInstagramという世界が私の居場所になっていたのかもしれません。

 

とあることがきっかけで弱散財者に

f:id:setsuoto:20200521191638j:plain

あることがきっかけで上記のような散財が少しずつ減っていきました。

そのきっかけが『彼氏ができたこと』(現在の旦那さん)。

Instagramで出会い、お付き合いがスタートしました。

しかし、私たちは中距離恋愛だったため新幹線での移動が必須。

交通費にお金がかかっていたため、自然とファッション関連の散財は減っていきました。

ですが、ボーナスの時期になると盛大に散財するのは変わらず…。

 

完全に散財から引退したのは結婚してから 

f:id:setsuoto:20200521191623j:plain

旦那さんは買い物に対しても口うるさく言う人ではないので、完全に私の匙加減で決まるのですが、結婚してからというもの、物欲がなくなったのです。

独身の時は貯金もせず、好きなように過ごしていたのですが、2人になると考えが変わり、生活のことや資産運用のことを意識するようになりました。

結婚ってすごいですね!ここまで変わることができるとは思ってもいませんでした。

また、パート勤務となり収入が激減したことも物欲がなくなった理由の一つかもしれません。

 

最後に

f:id:setsuoto:20200517153723j:plain

独身の時はInstagramが私の居場所となり、交流が自分にとっての幸せでした。

それに伴う散財でしたが、現在は結婚し夫婦生活に幸せを感じているため、自然と散財がなくなっています。

しかし、ファッションに関することは今も好きなので、身の丈に合ったファッションのあり方を模索し、夫婦生活と共にファッションも楽しみたいと思います。

 

 

関連記事┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈  

www.9kublog.com

オススメ記事┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

www.9kublog.com

 

www.9kublog.com

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

いつも最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

それでは、またお会いしましょう。